Search the UMD Libraries website

ゴードン・W・プランゲ博士

ゴードン・W・プランゲは1910年7月16日にアイオワ州ポメロイで生まれました。アイオワ州立大学に学び、1937年に博士号を取得したのち、メリーランド大学で歴史学の教授として教鞭をとります。

1942 年、プランゲ博士はメリーランド大学を休職しアメリカ海軍に入隊、1945年には占領軍の一員として日本へ赴任します。その後海軍の任期を終えてからも民間人として日本に滞在し、1946年から1951年までマッカーサー元帥の下で歴史課長・歴史室長を務めました。連合軍による日本メディアの検閲が 1949年に終了し、CCDが解体されることが決まると、残された資料の歴史的価値を見抜いたプランゲ博士は、機密扱いだったこれらの資料をメリーランド大学へと搬送できるよう手はずを整えました。資料は翌年大学に到着し、1978年9月15日、ゴードン・W・プランゲ文庫と命名されます。 命名式典は1979年5月6日に行われました。式典におけるプランゲ博士のスピーチ記録は、こちらをご覧ください。

プ ランゲ博士はアメリカに帰国後、1980年5月15日に亡くなる数カ月前までメリーランド大学で教壇に立ちつづけ、現在でもすばらしい教師として多くの卒 業生たちの記憶に残っています。プランゲ博士はまた、著書『トラ トラ トラ』をはじめ、太平洋戦争に関連する研究でも高く評価されています。