Today: Special Collections in Hornbake 10:00am - 4:00pm, by appointment only

よくあるご質問

閲覧室メリーランドルームの使い方などについては、Special Collections and University Archives (SCUA)のFAQ(よくある質問)ページをご覧ください。下記はプランゲ文庫に関するよくあるご質問です。

プランゲ文庫の資料は、ホーンベイク図書館北館1階の閲覧室メリーランドルーム(Maryland Room)にてご利用頂けます。1階のWelcome Deskにて「メリーランドルームで資料を利用する」とお伝えください。

いいえ、必要ありません。ただしメリーランドルームで資料を閲覧する場合にはSpecial Collections Accountのユーザー登録が必須です。詳しくはこちらのページをご覧ください。訪問前に全ての資料閲覧申し込みをする必要はありません。ただし事前に申し込みをして頂くと、図書館職員があらかじめ資料を用意しておくことができますので、ご到着後すぐに資料の閲覧に取り掛かって頂けます。 

こちらのページにて各資料形態ごとに詳しく説明しています。ご質問があれば、こちらからお問い合わせください。

はい、書架ツアーを行っておりますのでまずはお問い合わせください。研究に関する相談も受け付けております。

プランゲ文庫の所蔵資料は、全てメリーランドルーム内での閲覧に限られています。

プランゲ文庫所蔵の新聞・雑誌のマイクロ資料はホーンベイク図書館北館1階のメリーランドルームにて利用に供されています。 資料の検索・利用方法に関してはこちらのページ、資料閲覧請求方法に関してはこちらのブログ記事をご参照ください。 マイクロ資料は画像ファイル(PDFとして)のダウンロードが可能です。ファイルをダウンロードする際はUSBメモリをご持参ください。

昨今、新聞・雑誌の劣化が非常に進んでおります。これを受け、新聞・雑誌原物の出納を制限しており、原則として新聞・雑誌はマイクロフィルムでの閲覧をお願いしております。ただし、マイクロフィルムの文字が潰れていて読めないなどの理由がある場合は個々に対応いたします。その際には、該当するマイクロフィルムの全コピー(もしくはPDFファイル)の提出を原則とし、その上で新聞・雑誌の出納を室長もしくはマネージャーが決定いたします。こちらからお問い合わせください。

Gordon W. Prange Papersには、プランゲ博士の未発表原稿、インタビューのメモや写真などが含まれます。Gordon W. Prange Papersはプランゲ文庫所蔵ではなく、University Archivesの所蔵です。資料はホーンベイク図書館北館1階のメリーランドルームにてご利用いただけます。資料の詳細は、こちら をご覧ください。ご利用にあたっては、こちらからご連絡ください。 

プランゲ文庫は、占領期に関する文書、写真、スライドといった資料の寄贈を随時お願いしております。ただし 美術品などの寄贈は基本的には受け付けておりません。まずはお問い合わせください。今までに多数の方々からお譲り頂いた寄贈資料に関しては、こちらのウェブページをご覧ください。メリーランド大学図書館への寄贈に関する一般的な情報は、こちらのページをご覧ください。